FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'02.03 (Tue)

ダイエットコーヒーの成分

このブログの中から1つでも商品をご購入いただいた方には、花咲高明の『短期間で確実に成績が伸びる勉強法』(16,800円)をプレゼントいたします。

《プレゼントのお申し込み方法》
このブログから商品をご購入していただきますと、インフォトップから以下のような「注文確定のお知らせ」が届きます。

   この度はインフォトップで商品をご購入を頂き誠にありがとうございます。
   ○○決済が完了し、注文が確定いたしました。
   ■□ ご注文内容 □■

このお知らせの ■□ ご注文内容 □■ をコピーしssbox1@yahoo.co.jp までお送り下さい。
メールのタイトルはを「プレゼント希望」として下さいね。
折り返し、『短期間で確実に成績が伸びる勉強法』をお送りいたします。



口臭撃退マニュアル(製本版)


コーヒー豆を作るには、焙煎が必要です。
コーヒー豆を焙煎することによって、茶色いコーヒー豆ができます。
焙煎していないコーヒー豆はコーヒーとして飲むことはできない豆で、焙煎されることによって、初めてコーヒー豆になるのです。

焙煎の仕方によってコーヒーの味や苦味、コクなどが変わってきます。
浅焙煎という焙煎方法が、ダイエットコーヒーを作る際の基本的な方法です。
ダイエットコーヒーの多くが浅焙煎である理由は、焙煎される段階でカフェインが飛ばされてしまう可能性があるからです。

カフェインは体内の脂肪が燃えやすくなるよう助ける効果があるとされていますので、ダイエットには必要な成分です。
もっとも、成分を調べてみたところ、浅焙煎と深焙煎で作ったそれぞれのコーヒー豆のカフェイン含有量には大きな差がなかったという報告もありますが、ダイエットを成功させるためには、できる限りカフェインの多いコーヒーを使う方がいいのではないでしょうか。

浅焙煎のコーヒーのほうがカフェイン量が多くなるので、ダイエットコーヒーとして取り扱われるいちばんの理由になっていると思われます。

肝臓に蓄積されている脂肪はクロロゲン酸という成分によって燃焼が助けられますが、この成分は焙煎される前のコーヒー豆に豊富に含まれています。
ダイエットのためにコーヒーを役立てたい場合、カフェインとクロロゲン酸の含有量が多いものにすると脂肪が燃えやすく、ダイエットにいい影響があります。

スポンサーサイト


18:09  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jubi8.blog36.fc2.com/tb.php/81-fbe4a82d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。